AI MEDIA LAB の強み

2014年から仮想通貨・暗号資産業界に携わってきた経験や情報網を基に得ることのできる情報に加え、昨今成長著しい AI 技術を応用した市場解析、テクニカル分析手法やオンチェーン分析に基づき、選び抜かれた専門家が長期・中期・短期の3段階の投資判断による徹底した情報提供を実現できることです。
それらの情報と、分析や研究を行い続けてきた実績を、お客様の資産運用にお役立ちさせる事を御約束致します。

Home

新着記事

バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
トランプ氏の支持率を意識ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて暗号通貨(仮想通貨)による寄付を受け入れることを検討しているようだ。この件に詳しい情報筋がThe Blockに伝えたという。ライバルの…
ジョージア国立銀行、経済のデジタル化推進でリップル社と提携強化
リップル社と関係強化ジョージア国立銀行(NBG)は8日、米リップル社と会合を持ち、同国経済のデジタル化における協力の可能性について話し合ったと発表した。LinkedInの投稿によると、会合にはNBGからナティア・トゥルナヴァ暫定総裁と金融・…
暗号資産レンディング『BitLending』が”金価格連動型”ステーブル銘柄Kinka Gold『XNK』を取扱開始
BitLendingは、2024年6月10日(月)より、取り扱い銘柄に”ゴールド連動型”ステーブルコイン・Kinka Gold(キンカゴールド)『XNK』を追加しました。Kinka Gold『XNK』とは、1トロイオンス(約31.1035g…
仮想通貨取引所Bybit、在外中国人にサービス提供開始 憶測呼ぶ
禁止から許可へ方針転換暗号資産(仮想通貨)取引所Bybitは6日、在外中国人ユーザーが、アカウントを開設してサービスを利用できるようになったと公式に発表した。この発表に先立って5日、Wu blockchainが中国人ユーザーもBybitに登…
韓国ビッサム、ゲーム系レイヤー3仮想通貨「XAI」新規上場
韓国で最近新規上場銘柄多数韓国大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は5日、新たな銘柄新規上場を実施した。対象となるのは、「XAI」で、韓国ウォンの通貨ペアで提供する。発表を受け、XAIは一時10%急騰した。XAIとは、Xaiとは、イ…
タイ証券取引委員会、同国初のビットコイン現物ETFの投資ファンド承認
タイでビットコインETF投資ファンド初承認東南アジアに位置するタイの証券取引委員会は、同国史上初めて、ビットコイン現物ETFに投資するファンドを承認した。タイの投資管理会社ワン・アセット・マネジメントによる「ONE-BTCETFOF-UI」…
Web3技術でAI民主化目指すbitgrit、アブダビグローバルマーケットにてトークンローンチ予定
現状の課題点昨今ますます着目される「AI(人工知能)」の価値と重要性であるが、少数の大企業が権利や技術を独占しており、小規模な組織が不利な立場に置かれている現状は否めない。そのような状況にある中、企業の戦略的な意思決定をサポート、あるいは特…
ビットコイン巨額のハッキング被害も週末相場への影響は限定的、ピーター・ブラントの強気シナリオでは来年15万ドルに達する可能性
マクロ経済と金融市場前週末5月31日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比574.8ドル(1.5%)高、ナスダック指数は2ポイント安で取引を終えた。米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが前日比3.7%安と反落した。Coi…
シンガポール最大銀DBS、1000億円相当のイーサリアムを保有か=Nansenデータ
含み益は3億円以上オンチェーン分析会社Nansenによれば、シンガポール最大の銀行であるDBSは暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのくじら(大口投資家)のようだ。DBSが所有しているとされるETHドレス「0x9e927c02c9eadae63…
ニューヨーク証券取引所、ビットコインオプション商品を計画 CoinDeskと提携で
CoinDeskの指数を利用ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、ビットコイン価格に連動するインデックス・オプションの上場を計画している。29日、NYSEはコインデスク・インデックスと協業し、10年以上運営されているビットコインの現物指数で…

当サイトのご利用方法について

サイト上、メール上で提供している情報はいずれも、将来の運用成果を約束するものではありません。
これらの情報は信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保障するものではなく、判断、評価を含む記述はあくまでも弊社の判断に基づく予測であることを予めご了承ください。

実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。